最期を彩る式典|桐ヶ谷斎場で故人が納得する葬儀をしよう

故人を見送る家族葬

葬儀

小さく葬儀ができる

平野区では家族葬を行う家庭が増えています。家族葬が増えている理由の1つに、昭和時代とは異なり核家族が増えているために遠い親族関係や近所づきあいなどが減っている背景があります。また家族葬を行う場合は大きな葬儀会場を借りる必要がないために、葬儀の出席者1人1人の顔と名前がわかる葬儀が可能となります。家族葬を行う場所は平野区の葬儀会社に依頼をすると葬儀会場を手配してくれます。また希望の場合は自宅で葬儀を行う事が可能です。この場合、葬儀会社に故人の好きな花や思い出のエピソードを伝える事によって、葬儀でそれらの花を手配してくれる会社が多いです。また故人が無くなった直後は、家族は市役所の手続きなども忙しいために、葬儀の細かい手続き等は葬儀会社にお任せする方法もあります。

暖かい雰囲気で故人を見送る

平野区では、最近は大きな会場を借りて行われる葬儀よりも身近な家族だけで故人を見送る家族葬が増えています。その理由の1つに家族葬は故人の事を良く知っている家族や友人が出席するために、葬儀の雰囲気が穏やかなものになるという点が挙げられます。大きな規模の葬儀の場合は会社の上司やその他の関係者などの挨拶に忙殺されて、故人の思い出を語り合ったりする時間が足りないケースがあります。この点、家族葬の場合は出席者が少ないために1人1人が持っている故人の思い出を語り合う時間があります。平野区ではそういった家族のニーズに応えるために、家族葬を受け入れている葬儀会社が存在します。僧侶の手配など不明点がある場合は葬儀会社に相談しましょう。